旧浅茅野第二飛行場の痕跡

d0018763_22574141.jpg

国道238号線の道の駅のすぐそばです。画面右の風車に見覚えのある人もいると思います。画面中央の土盛りのようなものは掩体壕といって飛行機を格納しておくための構造物なのだそうです。一方が切れた環状の土手で囲まれ、出入り口は右手奥側になります。
d0018763_2257584.jpg

草が茂っていてよくわかりませんね…。滑走路跡は牧草地になり牛が放牧されています。掩体壕のすぐ脇にはそば畑が作られていて今が花の季節です。世の中平和がありがたいですね。
d0018763_23304245.jpg

ちなみにこんな感じだったそうです…。
[PR]

by sabanomizuni | 2006-08-26 23:18 | 遺跡  

<< 8月26日 8月24日 >>